PROMASTER APPLIE プロマスター アプリエ

About APPLIE

"ハイ透明感"を業界初の技術でかなえる 「PROMASTER APPLIE」誕生。

※酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用。

業界初の3剤式ヘアカラーが誕生。
ヘアカラーの1剤と2剤に"パウダーを入れる"というイノベーション。

これにより、ついに1プロセスで、15レベルまでの高明度・高彩度な仕上がりを実現しました。

その仕上がりのネーミングはハイ透明感カラー(色濃く透ける髪色を1プロセスで)

プロマスター アプリエは、業界初となる技術でエンドユーザーの「ニーズ」を解放し、
新たな市場を創造する高付加価値ヘアカラーです。

Technology

色濃く透ける"ハイ透明感"をかなえる、
業界初の" PCパウダー(3剤) "誕生

1剤、2剤に加えることで"メラニン色素を分解すると同時に発色を高める"業界初のパウダーが誕生しました。

※酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用。

PCパウダー(3剤)

1剤に含まれるアルカリ剤と2剤に含まれる酸化剤の両方 に働くパウダー。酸化染料の重合を助け、メラニン色素を分解します。一方で脱染(染料の分解)を抑え、色濃く染めることができます。

アプリエ染毛性能のイメージ

アプリエは当社従来品では 1プロセスで到達できなかった 染毛性能を実現しました。

他のブリーチ剤の種類との比較
  効果 脱色力(メラニン分解) 脱染力(染料分解) 染色力の向上
脱色剤 毛髪のメラニン色素の分解 ○ × ×
脱色脱染剤 毛髪のメラニン色素の強い分解と酸化染料の分解 ○ ○ ×
脱染剤 酸化染料だけを穏やかに分解 × ○ ×
アプリエ 毛髪のメラニン色素のやや強い分解と酸化染料の染色力向上 ○ × ○

今まで両立しなかった、 メラニン色素の分解と酸化染料の染色力向上を実現!

PCパウダー(3剤)を最大化する1剤と2剤

髪に"うるおい感とまとまり"を与える成分配合

1剤

  • オリーブ油(毛髪保護成分)
    毛髪のコンディションを整え、
    ツヤを与えます。
  • ラノリン(毛髪保護成分)
    毛髪に脂質を補い、
    うるおいとやわらかさを与えます。
  • イソステアリン酸硬化ヒマシ油(毛髪保護成分)
    毛髪のきしみを抑えて滑りを良くする効果を与えます。

2剤

  • スクワラン(基剤)
    毛髪内部に浸透性が高く、
    うるおい作用がある成分です。
  • プルラン(毛髪保護成分)
    保水力と保湿性が高い成分です。
  • シアバター(毛髪保護成分)
    髪の乾燥を防いで保護する成分です。 ※シア脂

写真はすべてイメージです。

1剤+2剤

操作性を向上させたクリーム基剤

プロマスター アプリエは、3剤式ヘアカラーならではの、なめらかな 仕上がりにさせるためのクリーム基剤処方を採用。PCパウダー(3剤)の効果を最大限発揮させながら、ダブルプロセス時に起きやすいムラ染まりを防止することで、"ハイ透明感"の仕上がりをサポートします。

さわやかな香り、ホワイトブーケ

ホワイトブーケは、心地よいヘアカラーライフを演出。カラー剤特有の臭いをホワイトブーケが包み込んで、ホワイトローズ、バイオレット、ミュゲ、ジャスミン、イランイランが重なり合ったさわやかな香りを実現しました。

  • ホワイトローズ
  • バイオレット
  • ミュゲ
  • ジャスミン
  • イランイラン

写真はすべてイメージです。

プロマスター アプリエの1剤、2剤、PCパウダー(3剤)が揃ってこそ"ハイ透明感"を実現します。

髪のコンディションを科学する
"ヘアヴェール(Hair Veil)"処方

複合オイルによるハイトーンカラー時のダメージ低減と質感UPを実現しました。

※オリーブ油、ラノリン、イソステアリン酸硬化ヒマシ油、スクワラン

毛髪内タンパク質の流出抑制と保護膜オイルによる保湿イメージ

複合オイルのヴェール効果によりしっとりとした仕上がりを実現、手触りをなめらかにします。

※イラストはイメージです。

Technical

How To Make "ハイ透明感"

基本プロセス

1 カウンセリング お客様のイメージする仕上がりにするために 髪質、 毛髪状態、頭皮状態などを診断します。
※パッチテストも忘れずに行いましょう。
2 使用色の選定 カウンセリングの結果に基づき、 使用色を選定します。
3 セクショニング 早く、正確な塗布のために髪を4つのセクションに分けます。
4 薬剤の調合 薬剤を調合します。
1剤と2剤の総量に対してPCパウダー (3剤)を10%ミックスします。
ミックス比: (1剤+2剤)+PCパウダー10%

※詳しい使用量は、薬剤調合と使用量の目安をご参照ください。
5 薬剤塗布&放置 4つのセクションに分けた髪の塗布順は、 ①→②→③→④で塗布していきます。
自然放置で20分~30分放置します。
6 カラーチェック トップやネープなど数か所から毛束を敢り出し、薬剤をコットン等でふき取りチェックします。
7 シャンプー&トリートメント 乳化をしっかりした後、シャンプーを行い、コンディションと色持ちをよくするためにトリートメントを塗布します。
8 仕上げ ご希望のスタイルにスタイリングして仕上げます。

薬剤調合と使用量の目安

1剤と2剤の総量に対してPCパウダー(3剤)を10%ミックスします。
ミックス比:(1剤 + 2剤)+ PCパウダー10%

使用量の目安

  総量(g) 1剤(g) 2剤(mL) PCパウダー(g)
リタッチ 33 10 20 3
66 20 40 6
ショートボブ 99 30 60 9
132 40 80 12
ミディアム 165 50 100 15
198 60 120 18
セミロング~ロング 231 70 140 21
264 80 160 24

"ハイ透明感"へ導く塗布テクニック&薬剤レシピ

濁りや重さを感じることなく、色濃く透き通る"ハイ透明感"の仕上がりを目指すため、下記の塗布プロセス順と薬剤レシピをオススメします。

オススメ塗布プロセス

オススメ薬剤レシピ

新生部レシピ

【ポイント】全てのケースで、11レベルの1剤を使用します。

既染部レシピ

BASIC CASE WORK

根元2cm伸び、既染部が10レベルのダークブラウンを13レベルのブルーアッシュ系へ。

LT・CLの使い方

LTは、黒髪を15レベルまで明るくすることができます。CLは、ダメージした毛先に使用します。

全ての使用薬剤は、1剤と2剤の総量に対してPCパウダー (3剤)を10%ミックス

空白区切り

LineUP

プロマスター アプリエ

80g
全45色 + LT、CL

医薬部外品

プロマスター アプリエ SQ プロオキサイド

(左)6% 1000mL(右)2% 1000mL

医薬部外品

空白区切り

プロマスター アプリエ PCパウダー

600g

医薬部外品

プロマスター アプリエ AC ケアージュ

60g

医薬部外品

使用上の注意
・ヘアカラー・脱色剤(医薬部外品)は、「使用上の注意」をよく読んで正しくお使いください。
・ヘアカラーでかぶれたことのある方には、絶対に使用しないでください。
・ヘアカラーをご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。