PROMASTER APPLIE MIDDLE プロマスター アプリエミドル

About APPLIE MIDDLE

"色質感"を業界初の技術でかなえる

「PROMASTER APPLIE MIDDLE」誕生。

※酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用。

業界初の3剤式ヘアカラーで

色濃く透ける発色をかなえる

PROMASTER APPLIEシリーズから、"アプリエミドル"の誕生です。

「PROMASTER APPLIE MIDDLE」は新たな知見の発見によって"ムラなく均一な染まり"を実現します。

さらに、つややかで、滑るような指通りを可能にするうるおい成分を配合。

その仕上がりのネーミングはハイ透明感カラー(色濃く透ける髪色を1プロセスで)

PROMASTER APPLIE MIDDLEは、業界初の技術で、エンドユーザーの「ニーズ」に応え、
新たな市場を創造する高付加価値ヘアカラーです。

※酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用。

Technology

業界初の技術でヘアカラーの可能性を広げる。
PCパウダー(3剤)に新たな機能を発見。

※酸化助剤の有効成分として過炭酸ナトリウムを使用。

PCパウダー(3剤)

1剤に含まれるアルカリ剤と2剤に含まれる酸化剤の両方に働くパウダー。酸化染料の重合を助け、メラニン色素を分解します。一方で脱染(染料の分解)を抑え、色濃く染めることができます。

さらに新たな知見を発見!
全ての毛髪に対してメラニンの均一分解のサポートが可能に

毛髪内メラニンの均一分解をサポート
当社従来品の2剤式ヘアカラーの構造図
プロマスターアプリエシリーズの構造図

当社従来品よりも"濁りなく染める"テクノロジーを実現

メラニンの均一分解をサポートする機能に注目し、
中明度領域に合った1剤を開発。

プロマスター アプリエミドルは、中明度領域においても、濁りなく染めるテクノロジーを実現し、1剤のアルカリを低減しました。

中明度領域に合った1剤の適切なアルカリバランスを実現。
酸化ダメージを抑制

毛髪が酸化ダメージを受けるとシスチン結合が開裂して、システイン酸の発生につながります。
プロマスター アプリエミドルは、適切なアルカリバランスにより、当社従来品の2剤式ヘアカラーで、
同明度にリフトさせたときと比べて、毛髪のコルテックス内部が受ける過剰な酸化ダメージを抑えます。

システイン酸の生成を抑制
システイン結合がダメージを受けてシステイン酸になると毛髪強度の低下、たんぱく質の流失など様々なデメリットの原因になります。

美しい発色と輝きをまとう"色質感"を実現したPROMASTER APPLIE MIDDLE。

中透明度領域においても、光を浴びたときに色濃く透ける髪色を演出します。

質感にまでこだわったうるおい成分が溶け込んだ濃密なクリーム

エンドユーザーにヘアカラーの成分についてアンケートを実施

Q.魅力的なうるおい成分は何だと思いますか?

<データはホーユー調べです。>

エンドユーザーが選んだ
1位の“はちみつ”と、2位の“シアバター”を配合

  • はちみつ(湿潤剤)
    保湿性が高く、髪にうるおいを与える成分です。
  • シアバター(毛髪保護成分)
    髪の乾燥を防いで、保護する成分です。
    ※シア脂

日々の様々な影響によってパサつき、手ざわりも悪くなりがちな毛髪を、うるおいを保持する成分“はちみつ”と、なめらかな仕上がり感の“シアバター”などを配合した“ヘア ヴェール V”処方で、しっとりとした仕上がりへ導きます。

<写真は全てイメージです。>

「はちみつ&シアバター」が溶け込んだ
濃密クリームを実現

つややかで、すべるような指通りを
可能にした"ヘアヴェール(Hair Veil)"処方。

複合と2種(はちみつ、シアバター)を配合した処方により、質感UPを実現しました。

※オリーブ油、ラノリン、イソステアリン酸硬化ヒマシ油、スクワラン

保湿膜オイルによる保湿イメージ

1剤、2剤、PCパウダー(3剤)の混合により、「はちみつ&シアバター」が溶け込んだ濃密なクリームの"ヘア ヴェール V"処方が誕生しました。

"色質感"を演出する髪に"うるおい感とまとまり"を与える成分を配合

まるでヴェールのような"うるおい感とまとまり"を与える成分を配合。つややかな手ざわりを実現します。

<イラスト・写真は全てイメージです。>

1剤

  • オリーブ油(毛髪保護成分)
    毛髪のコンディションを整え、
    ツヤを与えます。
  • ラノリン(毛髪保護成分)
    毛髪に脂質を補い、
    うるおいとやわらかさを与えます。
    ※プロマスター アプリエに比べて。
  • イソステアリン酸硬化ヒマシ油(毛髪保護成分)
    毛髪のきしみを抑えて
    滑りを良くする効果を与えます。
  • はちみつ(湿潤剤)
    保湿性が高く、
    髪に潤いを与える成分です。

2剤

  • スクワラン(基剤)
    毛髪内部に浸透性が高く、
    うるおい作用がある成分です。
  • プルラン(毛髪保護成分)
    保水力と保湿性が高い成分です。
  • シアバター(毛髪保護成分)
    髪の乾燥を防いで保護する成分です。 ※シア脂

<写真はすべてイメージです。>

髪のコンディション向上により、
艶やかで、すべるような指通りを可能にしました。

Technical

薬剤の選び方

既染部に9レベルを使用する場合

新生部レシピ

※新生部の薬剤選定は既染部よりも暗い色レベルがオススメです。

既染部レシピ

BASIC CASE WORK

根元2cm伸び、既染部が10レベルの状態を9レベルのモノクロームへ。

基本プロセス

1 カウンセリング お客様のイメージする仕上がりにするために 髪質、 毛髪状態、頭皮状態などを診断します。
※パッチテストも忘れずに行いましょう。
2 使用色の選定 カウンセリングの結果に基づき、 使用色を選定します。
3 セクショニング 早く、正確な塗布のために髪を4つのセクションに分けます。
4 薬剤の調合 薬剤を調合します。
1剤と2剤の総量に対してPCパウダー (3剤)を10%ミックスします。
ミックス比: (1剤+2剤)+PCパウダー10%

※詳しい使用量は、薬剤調合と使用量の目安をご参照ください。
5 薬剤塗布&放置 4つのセクションに分けた髪の塗布順は、 ①→②→③→④で塗布していきます。
自然放置で20分~30分放置します。
6 カラーチェック トップやネープなど数か所から毛束を敢り出し、薬剤をコットン等でふき取りチェックします。
7 シャンプー&トリートメント 乳化をしっかりした後、シャンプーを行い、コンディションと色持ちをよくするためにトリートメントを塗布します。
8 仕上げ ご希望のスタイルにスタイリングして仕上げます。

薬剤調合と使用量の目安

1剤と2剤の総量に対してPCパウダー(3剤)を10%ミックスします。
ミックス比:(1剤 + 2剤)+ PCパウダー10%

使用量の目安

  総量(g) 1剤(g) 2剤(mL) PCパウダー(g)
リタッチ 33 10 20 3
66 20 40 6
ショートボブ 99 30 60 9
132 40 80 12
ミディアム 165 50 100 15
198 60 120 18
セミロング~ロング 231 70 140 21
264 80 160 24

空白区切り

LineUP

プロマスター アプリエミドル

80g
全19色 + MD、LT

医薬部外品

プロマスター アプリエ SQ プロオキサイド

(左)6% 1000mL(右)2% 1000mL

医薬部外品

空白区切り

プロマスター アプリエ PCパウダー

600g

医薬部外品

プロマスター アプリエ AC ケアージュ

60g

医薬部外品

使用上の注意
・ヘアカラー・脱色剤(医薬部外品)は、「使用上の注意」をよく読んで正しくお使いください。
・ヘアカラーでかぶれたことのある方には、絶対に使用しないでください。
・ヘアカラーをご使用の前には、毎回必ず皮膚アレルギー試験(パッチテスト)をしてください。