LESSE レセ

脱色メカニズムの真相を解明。
ラジカルコントロールが、ヘアカラーの創造性を広げます。

これまで一般的に捉えられていた脱色作用のプロセスに、新しい発見がありました。それは、メラニンは分解される前に、メラニンラジカルという状態に変化するという事実です。この発見に基づいたレセ クリエイティブシリーズの2アイテムは、メラニンのラジカル化をコントロールすることを実現しています。トーンダウンした髪やグレイヘアのカラーチェンジなど、様々なヘアカラーワークをサポートします。

空白区切り

TINT CONTROLLER レセ ティントコントローラー

ヘアカラーの酸化染料だけを穏やかに分解。

  • 毛髪への負担はアルカリカラーと同等以下 ※当社比
  • 色の抜け具合が把握しやすい脱染スピード

空白区切り

POWDER BLEACH EX レセ パウダーブリーチ EX

メラニンとヘアカラーの酸化染料をしっかりと分解。

  • 従来と比べダメージを軽減 ※当社比
  • 急激な明度の変化が少ない脱色・脱染作用

空白区切り

RADICAL CONTROL ラジカルコントロール

RADICAL CONTROL / TINT CONTROLLER


RADICAL CONTROL / POWDER BLEACH EX


空白区切り

新たに解明された「脱色メカニズムの真相」とは?

髪への負担が少なく、計算しやすい脱色・脱染機能でヘアカラーワークをサポート

ティントコントローラーとパウダーブリーチ EXは、ヘアカラー毛への施術を踏まえて、髪のダメージケアに多角的にアプローチしています。また、脱色力と脱染力のバランスを見直すことで、施術がしやすくムラになりにくい仕上がりを目指しています。

TINT CONTROLLER


色の抜け具合が把握しやすい脱染スピード

ティントコントローラーの脱染作用は、放置時間に合わせて適度に分解作用が進んでいきます。染料の残り具合に応じた時間差の塗りわけなど、髪の状態に適した施術がしやすい設計です。

アルカリカラーと同等以下のダメージで脱染

ティントコントローラーは、メラニンの分解を抑えるラジカルコントロールと3つのダメージケア成分によって、アルカリカラーと同等以下のダメージで染料の分解を可能にします。毛髪表面はもちろん、毛髪内部へのダメージも少なくなっています。

POWDER BLEACH EX


急激な明度の変化が少ない脱色・脱染作用

パウダーブリーチ EXは、放置時間に合わせて脱色作用と脱染作用が同じスピードで進んでいきます。従来よりも急激な明度の変化や上がりすぎが少ない設計なので、放置時間での明度調節がしやすく安定的な仕上がりが得られやすくなります。

毛髪強度、毛髪脂質への影響を軽減

パウダーブリーチ EXは、ダメージケアの3つのアプローチによって、従来よりも毛髪強度、毛髪脂質への影響を軽減しながら、高い脱色・脱染効果を可能にしています。ダメージを起こしやすい高明度なカラーリングだからこそ、従来以上の配慮をしています。

TINT CONTROLLER / POWDER BLEACH EX 2アイテム共通のダメージケア

3つの成分によるアプローチ


1.損傷防止成分
・アルギニン(毛髪保護剤)
毛髪表面付近で生成するダメージ原因物質を、損傷防止成分がトラップし、毛髪表面の損傷を防ぎます。

2.コンディショニング成分
・カチオン化セルロース(毛髪保護剤)
毛髪のダメージ部分を選択的にコートすることで、薬剤の毛髪への作用を均一にし、過剰なダメージを防ぎます

3.乾燥防止成分
・バレイショデンプン(基剤)
薬剤の液性をキープ(乾きにくく)することで、なめらかな操作性を維持し、施術時の毛髪への物理的ダメージを緩和します。

空白区切り

ティンコントローラーの使用例

PROCESS+POINT(ベーシックプロセスと使用時のポイント)とともに、お客様に使用するときの参考にしてください。


髪の状態を確認

12レベルの髪を1.5ヶ月前にナチュラル系4レベルでトーンダウン。 中間部は8レベル、毛先は6レベルのムラになった状態です。

※パーマ施術後の髪はティントコントローラーでも明度が上がることがあります。

薬剤配合

ティントコントローラーを40g、OX2%を160gの割合で混合します。

塗布

a:はじめに6レベルの毛先から薬剤を塗布します。
b:次に、8レベルの中間部に薬剤を塗布します。
塗り残しがないように新生部までオーバーラップします。

放置

塗布が終了したら、20分自然放置します。
乾燥しやすい状況であれば軽くラップを被せます。

カラーチェック

放置後、数箇所から毛束を取り出してカラーチェックを行います。
染料の取れ具合に応じて時間を調節してください。放置時間は40分以内にしてください。

シャンプー

カラーチェック後、地肌をこすり過ぎないようにシャンプーを行い、薬剤をしっかりと洗い流します。

ドライイング

必要に応じて前処理を行ってから、髪を乾かします。

脱染後の髪を確認

染料が分解されて、約11レベルの明るさになりました。ヘアカラーを行う際は、アンダーレベルを確認し、薬剤を選定します。

※8レベル以上が希望の場合、新生部には1つ低い色番の使用をお奨めします。(未処理毛より明度が上がりやすくなります。)
※ティントコントローラーを新生部に塗布していないときは、希望通りの色番を選定してください。

ヘアカラー施術

通常のヘアカラープロセス通り、新生部から既染部に薬剤を塗布します。放置・カラーチェック後、シャンプーを行います。

※ヘアカラーの施術前は、レセ コートオイル(頭皮用トリートメントオイル)の使用をお奨めします。

仕上がり

ドライ後の仕上がりです。
10レベルのアッシュ系ブラウンに仕上がりました。

空白区切り

ベーシックプロセスと使用時のポイント

ティントコントローラーとパウダーブリーチEXを使用する際の基本的なプロセスを紹介します。
サロンワークでの施術にお役立てください。

1. 髪の状態を確認

お客様の希望と髪の状態を把握します。

※パーマ施術後の髪はティントコントローラーでも明度が上がることがあります。

区切り線

2. 薬剤選定

既染部の履歴や希望に応じて、適した1剤と2剤を選定します。

2剤の選定について

使用する2剤は希望の明るさに応じて、ブリーチガイドを参考にしてください。

区切り線

3. 前処理

毛髪の保護が必要な場合は前処理剤を塗布します。

区切り線

4. ドライイング

前処理剤塗布後、ハーフドライ以上に乾かします。

区切り線


5. セクショニング

髪を4つのセクションに分けます。

区切り線


6. 薬剤調合

1剤と2剤を調合します。

使用量の目安

表を参照に、髪の長さや毛量に応じて薬剤を調合してください。各アイテムの混合比は記載の通りです。

区切り線

7. 薬剤塗布~放置

塗布はできるだけすばやく正確に行ってください。塗布後は自然放置します。


脱染するときの塗布順序

脱染を行うときは、染料が一番強く残っている部分から塗布します。必要に応じて5分程度の時間差をつけます。


放置時間について

右記放置時間を目安に、明度の上がり具合や希望の明度に応じ、最大40分以内で調節してください。

区切り線

8. カラーチェック

トップやネープなど、数箇所から毛束を取り出し、薬剤をコットン等でふき取りチェックします。

区切り線

9. シャンプー

充分に水洗を行った後、シャンプー剤で薬剤を洗い流します。オーバーカラーを行う際は頭皮をこすり過ぎないように気をつけます。

区切り線

10. 後処理剤

アルカリ性に傾いたpHを、過収れんを起こさない程度酸性に戻すために、後処理剤を塗布します。

区切り線

11. トリートメント

コンディションをよくするためにトリートメントを塗布します。


ティントコントローラー施術後の ヘアカラー剤選定について

2プロセス目のヘアカラーで、8レベル以上が希望の場合、新生部には1つ低い色番の使用をお奨めします。(未処理毛より明度が上がりやすくなります。)

区切り線

※ティントコントローラーを新生部に塗布していないときは、希望通りの色番を選定してください。
※ヘアカラーの施術前は、レセコートオイル(頭皮用トリートメントオイル)の使用をお奨めします。

空白区切り

LineUP

レセ ティントコントローラー

300g (脱染剤)

OX2%を4倍で使用します。
(染料の残り具合に応じてOX6%をご使用ください。)

医薬部外品

レセ パウダーブリーチ EX

360g (脱色・脱染剤)

OX6%を2.5倍で使用します。
(希望の明るさに応じてOX2%をご使用ください。)

医薬部外品