What's Newお知らせ

fulfillフルフィル

fulfill No.4 THE TOP VOICE (鳥羽直泰氏)

ビジネスを考えないことでビジネスを成立させたい。

「バカ」って言葉に好感を持っていただければうれしいのですが、最近は世の中全体として、バカさ加減が少なくなって残念な気がしています。美容業界で言えば、20代、30代前半の若い美容師たちがみんな賢くて、上手で、物分かりがよくて、まとまりすぎてて...。しかし、新しい何かを生み出してくれそうなワクワク感を感じないのが正直なところです。

英国で修業した5年は、今どきないくらいの徹底した従弟制度でした。師匠は絶対。師匠は神様。しかし、個人の考えや思いを大切にしてくれた。逆に、自分の意思を主張できない人間は不要だとも言われた。だから、どんなにくだらない、バカなことでも、いいと思うことはどんな偉い人に対してもちゃんと発言できる習慣や気構えがつきました。

ちなみにうちのサロンは、いい意味で「バカ」が揃っているので、毎日がワクワクドキドキ。もちろん、みんな美容師としてはしっかりとした技術力とクリエイティビティを持ち合わせています。美に対する探求心も強い。しかも個性が豊かな人間ばかりなので、面白いアイディアが重なり合って、まるでおもちゃ箱をひっくり返した時のような楽しさがあるってことです。

それでも、時に若さは未熟さを示す。確かにうちの若いスタッフも失敗は少なくない。けれどそこから学ぶことも多い。本人だけでなく周りもハッと気づかされることもある。そうして失敗を繰り返すうちに、サロンワークはもちろん、人間としての幅が広がるというか応用力がついていくんじゃないでしょうか。失敗は成功の母。失敗が許されるうちにたくさん失敗するのは、本当に大切なことだと思います。

最近の美容業界では、やたらと「生産性」というビジネス用語が目立っています。もちろん、お客様の回転率を上げるように技術やサービスを工夫したり、よい人材をたくさん確保して多店舗戦略を図ったり、それぞれのサロンのオーナーや経営者の方々の努力や苦労はよく理解できますし、否定するつもりは全くありません。

ただ、僕がこれまでやってきたこととは真逆にあるのかもしれません。美容師は一人ひとりが独立採算の企業みたいなものだと考えています。だから、サロンありきじゃなく、美容師一人ひとりの個性が全面に出るようにしたい。逆に言えば、スタッフをサロンに縛り付けるようなことはしたくないと考えてきました。

サロンがあって、経営が安定して、スタッフに還元する、というビジネスモデルではなく、スタッフがしたいことをまずやってみて、それを面白いことだとお客様や周囲が認めてくれてサロンが運営されていくような。言い換えれば、ビジネスを考えないことで、ビジネスを成立させたい。そう思っています。

あとは、どんなサロンでありたいか、方向性を決めることが肝心だとも考えています。
例えば、新しいスイーツのブームのように1年2年で終わるサロンにしたくないんです。20年、30年、いや100年続くサロンにしたいんです。洋服に例えれば、ファストファッションではなく、1デザイナーの名声で保たれるメゾン系でもなく、センシティブでバラエティに富んだ個性を取り揃えたセレクトショップでありたいんです。

そう考えていくと、美容師の個性を重んずるというVeLO/veticaに流れるイズムがとても大切で、単純に生産性を上げて、効率化して、巨大化したらそのイズムがなかなか受け継がれないとも思っています。

だから、毎年のプラス成長を目標には掲げていません。税理士さんからも、「VeLO/veticaらしさを貫くためなら、たまにはマイナスの年があってもいいんじゃない」と心強い言葉ももらっています。

ただ、僕自身は最近ちょっとつまんない。おかげさまで美容師としてある程度認めていただけて、ちょっと安定しちゃったせいでしょうか。根がパンクなんですかね、何かに噛みついていたい。なんか新しいことしたい。そんな抑えられない欲求がふつふつとしているところです。もちろん美容師では、あり続けますが、どこか違う「トバナオヤス」をお届けしたいと狙っています。

区切り線

空白区切り


Profile

鳥羽 直泰さん(とば なおやす)

有限会社SDR(VeLO/vetica)代表。
長野県出身。都内2店舗を経て渡英、Vidal Sassoon Londonに入学。
帰国後、DADA CuBiCに参画。2003年原宿に「VeLO」、2009年「vetica」をオープン。
2015年4月には2店を1箇所に拡張移転リニューアルを果たす。
現在、サロンワークを中心に、撮影やセミナー講師など、幅広く精力的に活動中。
http://velovetica.com

区切り線

空白区切り

【サロン経営に気付きやヒントを提供する情報誌 fulfill】

fulfillは、「サロンの経営に気付きやヒントを。」をコンセプトに

  • 業界で注目されているサロン様が“今”考えていること
  • ひらめきを喚起する異業種の取り組み
  • 全国各地のサロン様が実施している工夫

など視点を広げて、サロン経営における課題解決の気付きやヒントとなるような情報を様々な角度から提供する情報誌です。
(年2回発行)

fulfillをご希望の美容師様は、ホーユー製品取り扱い代理店にお問い合わせください。


ホーユープロフェッショナルのFacebookページ 日々更新中!

フォローしておくとプロモーションやエデュケーション、商品の最新情報など、サロンワークに役立つ情報をGetできます!
是非チェックしてみてください。