What's Newお知らせ

fulfillフルフィル

fulfill Vol.5 特集:髪と映画と恋するワタシ。

スクリーンに映る俳優以外の背景すべての責任者。

-ハリウッド映画で活躍するプロダクションデザイナー・中西りかさんに訊く。-


Profile

中西りか(なかにしりか)さん

プロダクションデザイナー/美術(映画)
ファッションデザイナー兼映画評論家の父の影響で、少女期から映画に興味を持ち始める。高校卒業後進学のため渡米、アートの世界から高い評価を得る芸術家、マーティン ルブナーから美術を学ぶ。またUCLA(カルフォルニア大学ロサンゼルス校)で映画を学び、卒業後は数少ない黒人セットデザイナー、トムブラウンの下でテレビ番組などのアートディレクションに携わる。現在は、アメリカと日本、中国、香港、韓国などを飛び回りまさにワールドワイドに活躍。
<代表作> アートディレクターとして映画『バベル』『ロスト・イン・トランスレーション』『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』など
www.rikanakanishi.com

区切り線

空白区切り

「プロダクションデザイナーは、映画の世界観や舞台・背景の設計者。建物の建築から手持ちの道具の用意まで、非常に守備範囲が広い仕事です。

現場でのアイディアの出し方はケース・バイ・ケース。監督によっては頭の中にあるイメージを可能な限り具現化して欲しいとリクエストする人もいれば、漠然としたニュアンスを伝えて後はお任せなタイプもいます。いずれにしても『こんな色彩やトーンで、こんな感じのスタイルで』など、監督やカメラマンとのコンセンサスを取るために具体的な資料をたくさん用意します。ゼロからのモノづくりですから、イメージにズレがないように準備段階をとても大切にしています。

ちなみに、私は米国アートディレクターズギルドのメンバーで、アカデミー賞の投票もします。毎年11月~1月、候補作品全てを半強制的に見せられます。見たい映画ばかりではないんですが、予想外に面白かったり、新たな発見があったり、これがいい資料になったりします。もちろん、映画以外にも写真や絵画、アートやファッション… 世の中の全てのものが参考になり影響を受けていると思います」

りかさんは優しい笑顔でハリウッドの日常を振り返ってくれた。そこで、俳優のヘアスタイルと美術との関係についても訊いてみた。

「髪に興味がないわけではありません。『パリ、テキサス』のナスターシャ・キンスキーや『ティファニーで朝食を』のオードリーなどは、やっぱり圧倒的に魅力的ですし。しかし、私からヘアメイクに注文することはほぼないです。その代わり美術は衣装と密に連携する。そして衣装はヘアメイクと連携する。それぞれのエキスパートが共通認識を重ね、結果的にヘアスタイルも背景も作品に馴染んでいくわけです」

日米両文化を解する彼女の作品は、和洋の独特な融合として注目を浴びてきた。そんな作品についても尋ねてみた。

「『ロスト・イン・トランスレーション』はソフィア・コッポラ監督の日本愛に満ちた作品。東京はセカンドホームだという彼女の思いが昇華したラブ・ストーリー。私自身、初めて日本ロケに参加した思い入れのある映画です。渋谷センター街などのサブカルチャーを、外国人の視点から世界に発信しようとしたせいか、カメラや照明に独特のフィルターをかけたような視覚効果を生み、若者の髪型が30%アップくらいカッコよく見えるなんて感想ももらいました。

『バベル』も記憶に鮮明です。イニャリトゥ監督のこだわりは徹底していて、歯医者さんのロケで診療用の椅子の向きが気に入らないからといって、その歯科医院の空きスペースにもう一つの診療台を設けたり。世界中を転々としながらキツイ要望に応えていく、まさに精根尽きるような現場でした。いまでは当時のキャストやスタッフとみんなで笑い合えるいい思い出ですが」

それぞれの作品への愛おしさを再確認するような語り口だった。そこで改めて仕事への姿勢として大切にしていることを尋ねると

 「木を見て森を見ず、も戒めだと思うし、森を見て木を見ないのも戒め。美容師さんにとっても髪型の完成度も大切だけど、お客様の職業やライフスタイルを考えた仕上がりこそプロの仕事かもしれないですね。要は、ニーズとクリエイティビティの絶妙なバランスを提案することが肝心じゃないかと」

彼女が携わった作品を俯瞰から、逆に細部から見直してみたいと思った。

区切り線

空白区切り

【すべてのヘアデザイナーの生活に 彩りを与える情報誌 fulfill】

fulfillは、「すべてのヘアデザイナーの生活に彩りを。」をコンセプトに

  • お客様との会話に花が咲くような話題
  • ひらめきを喚起する異業種の情報
  • 経済やトレンドに関するユニークでわかりやすい解説

など、気軽に読めて、ちょっと誰かに話したくなる情報を様々な角度から提供する情報誌です。
(年2回発行)

fulfillをご希望の美容師様は、ホーユー製品取り扱い代理店にお問い合わせください。


ホーユープロフェッショナルのFacebookページ 日々更新中!

フォローしておくとプロモーションやエデュケーション、商品の最新情報など、サロンワークに役立つ情報をGetできます!
是非チェックしてみてください。